福岡の釣り場まとめ

主に都市部からアクセス良い場所を公開しています

福岡で青物を確実に釣るならココへ行こう。福間の釣り筏はナブラが凄い!! 青物・チヌ①

スポンサーリンク

f:id:tcy0529:20180902155252j:plain

福間の釣り筏。

福岡県福津市の福間港。漁港から渡し船で5分、通称「福間の釣り筏」。ここは本当に爆釣する。

福岡市内から車で30-40分。夜明けに都市高を通り香椎ICで降りて3号線をまっすぐ行けば30分弱で到着。宗像市や福間市からのアクセスは抜群で、北九州市からも下道で40分程で到着。

福間漁港に到着してからは、渡し船「ふれあい丸」に乗せてもらう。そして、早朝5:30~6:30に港を出港してわずか10分程度、そこにA,B,C、と呼ばれる3台の筏がある。いずれの筏も凄まじく釣れる。

活性が高い時は、筏の目の前でナブラが発生するのでかなり興奮。そんな時はルアーを投げまくってみな爆釣しているようです。

f:id:tcy0529:20180902155417j:plain

f:id:tcy0529:20180902155412j:plainf:id:tcy0529:20180902155415j:plainf:id:tcy0529:20180902155633j:plain

 

船に乗り込む。待ち合わせ場所はこうした雰囲気で先にお金を払う。

f:id:tcy0529:20180902155705j:plain

*ふれあい丸 電話番号(090-1516-9957)ベテランの船長様直通

**注) 2018年8月現在、定かではありませんが筏への渡しをやめたとの情報有り、要確認です。

 

福間の釣り筏は、海が時化ると欠航となるため事前に電話確認をお勧めしたい。だが、船長も大変忙しい方で電話にはあまり出てくれないため注意が必要だ。前日・当日には天気予報などをマメにチェックして、ご自身で判断し福間へ行かれることをお勧めしたい。

また、料金は往復で2000円、一回目の帰りの渡し船に乗らない場合は3000円となる。

朝5:30~6:30に出港して10分後にはイカダに到着。その後11時過ぎ、13時過ぎに迎えの船が来る。以下は補足として、

 

●福間漁港に広大なスペースがあるため駐車場の心配はいらない。

●氷は福間漁港内に氷自動販売機があり、300円程度で10キロ程の大量の氷を入手可能。

●トイレは筏に備え付けられている。ボットン便所のような感じで海へダイレクト排泄。

●持ち物は釣り具程度でよいがライフジャケットはマスト。忘れた場合はオレンジ色のライフジャケットを貸してくれる。だいぶ年季が入っています(笑)

●子供を同伴する場合、小学生の高学年はOKだが低学年は嫌な顔をされる。しかしながら、一度1年生の子供を船長に無理言って連れてってもらったことがあるので、交渉次第、あるいは船長様の気分次第と言ったところだろうか。

 

 

 

(1) ポイント

BかCの筏を強くお勧めします。台風の発生や大時化によってポイントはずれるが、私達の経験則ではB筏が最も無難です。Aの筏も釣れているようですが、釣れない時は全く釣れない。A筏は当たり外れがあるといった印象です。人が少ない時など迷ったらB筏ですね!

下図は福間漁港沖の水深を示しています(全体的にやや浅く表示されている)。約8mから15mの水深は有しています。

筏Bからのキャストは時刻で言えば1時か2時の方向へ。海底は根になっており型の良いアラカブも釣れます。BかCの筏ならそちら方面へキャストできるのでお勧めです。

f:id:tcy0529:20180902155736j:plainf:id:tcy0529:20180815230857p:plain

 

(2) ターゲットと釣り方

ルアー、エギング、などアングラ―向けの釣りからフカセ釣りやエビを付けた胴付き仕掛けなど、様々な釣りを楽しめます。個人的にはアジの泳がせ釣りがお勧めです。アジゴは筏で調達可能。

 

●春は、エギングでアオリイカ、ルアーで青物、フカセでチヌ、ワームでアラカブ

●夏は、序盤はエギングでアオリイカ、ルアーでシーバス

●秋は、ぜひ青物を狙って下さい!サゴシ、ネリゴ、ヤズ、青物がガンガン入ってきます。青物が最も釣れる時期でここは絶好のポイントとなります。ナブラも目の前でしょっちょう発生します。また、ヒラメも実績高いです。アジの泳がせ釣りでヒラメやマゴチが良く釣れています。そしてアラカブも型が良いものがよく釣れます。

●冬は船が出ませんので、年明け以降は福間の筏釣りはできません。

 

なお、筏の下はアジゴが湧いている日も多く、筏周辺は大変魚影が濃いです。写真は筏の真下水深1mほどの写真。

f:id:tcy0529:20180902155320j:plain

 

(3) 備考

お伝えしたように、福間漁港の釣り筏は福岡でも有数の爆釣スポットです。春はアオリイカ狙いのアングラーで満船となり、行きだけで船が二往復する日もあります。秋も同様に青物が回遊してきて、本当によく釣れますのでたくさんの釣り人で賑わいます。

福岡の釣り場まとめ、というテーマで数々の釣り場を紹介してますが、都市部からのアクセスの良さ、ドアtoドアの手軽な釣り、コストパフォーマンスの良さ、そして何と言っても抜群の釣果!よく釣れること、を考慮すると福岡県下において最上級の釣り場・ポイントであることは間違いないと思います。

 

福岡や北九州や宗像で、とにかく青物が釣りたい、青物の引きを楽しみたい、アオリイカを簡単に釣りたい、と思った際には、近くの防波堤に行くよりも福間の釣り筏まで足を延ばしてください。本当によく釣れます!

 f:id:tcy0529:20180902155254j:plain

また、最後になりますが、渡し船のふれあい丸船長はベテランの方で口数少ないですが釣り人たちの調和を重んじてくれるとても素晴らしい方です。さらに、常連の釣り人の方々も出船や帰港時に率先して船を手伝うなど、いいコミュニティが形成されマナーの良さが際立ちます。ご覧いただき初めて福間漁港の釣り筏に参戦する方々は、彼らへの敬意をお忘れなきよう切にお願い申し上げると共に皆さまの爆釣を期待しています。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

引き続き、どうぞ宜しくお願いします。 【福岡の釣り場まとめ】