福岡の釣り場まとめ

主に都市部からアクセス良い場所を公開しています

2018年秋、玄界灘タイラバシーズン到来!博多湾近海で鯛ラバしてみるが…

スポンサーリンク

f:id:tcy0529:20180919212635j:plain

2018年秋、玄界灘タイラバ釣行記。真鯛を狙った結果、アコウだらけに…!

いつも記事をご覧いただき、ありがとうございます。

さて今回は2018年秋に入り、一発目のタイラバに行ってきましたので、玄界灘タイラバの釣行記としてご紹介したいと思います。

皆さまも既にご存知のように、博多湾・玄界灘の近海では、春と秋にタイラバの最盛期を迎えます。たいして沖に走ることなく、海から糸島や相島・アイランドシティーなどの陸が見える近海で釣るので、船が苦手な方でもライトに釣りを楽しめます。

9月に入って真鯛もちょくちょく上がり始めたと船長からの知らせを受け、早速行ってきましたのでご紹介。

 

 

 

 (1) 玄界灘タイラバ・一つテンヤ釣行記

朝6時前、いつもお願いしている遊漁船で出港。9月の一週目なので気温も高く台風が心配でしたが問題なく目的地へ。ちなみに、この船は3週間前から予約していました。皆さんもタイラバ船を予約する際にはだいぶ前から申し込んでおいた方がいいと思います!玄界灘の真鯛釣りは人気なので、すぐに満船になってしまいますね、余裕を持った予約が望ましいです。

 

釣り場は博多港から40分で到着。博多湾の出口にあたる玄界島や相島がすぐ近くに見える位置で釣り開始。

え、こんな近くで真鯛が釣れるのか?という疑問と共にタイラバ投入。

結果、2投目ですぐに釣れました。さすが船長、釣り場を良くご存知です。

f:id:tcy0529:20180919214205j:plain

その後もコンスタントに当たりがあり、面白いように釣れますが、なにより型が小さい。。良型はなかなか釣れてくれません。

 

餌の方が良いかもしれないと思って一つテンヤを試してみたり、ジグで狙ってみます。

すると、ジグの方が魚たちのウケがいいようですね、タイラバよりもどんどん釣れます。鯛にフエフキダイに青物、そしてアコウ、アコウ(キジハタ)!

アコウがめちゃくちゃ釣れます。40㎝オーバーのアコウが大漁です。

 

余談ですが、丁寧に処理した40㎝を超えるアコウは1万円近い値がつくようで、これって鯛釣りよりもモトがとれるんじゃないか?と考えながら楽しく釣っていました。

 

それから14時頃までポイントをマメに替えながら釣りを楽しみ、結果的にみなで上図写真のような釣果となりました。

船長が釣った60㎝オーバーのヒラメが最高でしたね、さすが船長、腕がいい。市場に持っていき料理屋に売れば1万近くはするでしょう、5枚卸の刺身は食べ応え満点でしょうな、感服しました。

f:id:tcy0529:20180919215234j:plain

そして、私はアコウ(キジハタ)ばかり釣っていました(笑)

タイラバに来たのに、アコウ。タイラバでもジグでも一つテンヤでもアコウ。

アコウだけに赤穂浪士の無念の心情を少し味わいました。

しかし最大サイズで45cm、まあ悪くはありませんね。

 

というわけで、船長や友人と交わした議論の結果ですが、タイラバのトップシーズンはまだ少し先ですね。これから熟してくると思うので、皆さんも是非行かれてください。オカッパリでは味わえない確実な釣果と楽しい釣りが待っています!

 

(2) 釣ったアコウの美味しい食べ方について。

釣ったアコウ(キジハタ)の食べ方は、絶対的に刺身と煮付けがオススメです。

アコウの刺身は身がプリプリして大変美味、弾力性があってモチモチします。そして、アコウは刺身醤油がオススメです、たまにポン酢ともみじおろしにカボスを少し入れてもよいですが、それはフグ・ヒラメ・カワハギなどの上質な刺身が相性よかですね。

アコウはタイと同じく刺身醤油が宜しいかと。

f:id:tcy0529:20180919215741j:plain

また、アコウの煮付けは最高です。煮付けの中でも最高クラスの味に仕上がります。個人的にアコウの煮付けは、アカムツ(別名のどぐろ、錦織圭選手が試合後にのどぐろ食べたいと言っていたのどぐろです)、金目鯛の煮付けと同格です。

釣った魚で美味い煮付けを、と考えるとアコウの煮付けは最も現実的で持続可能な煮付けになりますね。

f:id:tcy0529:20180919220643j:plain

 

(3) 2018年の玄界灘タイラバ釣りについて

今回の釣行記は、近海でタイラバや一つテンヤ、ジギングをする釣りでした。タイラバ船はマルチな釣り方で狙えるという点に、縛られず自由に釣りできるのは素晴らしいと改めて実感しました。そして、やはり博多港から出港する船は利便性抜群ですね。

船賃は1万円ちょっとです。おそらく誰でもたくさん釣れるでしょうからモトは取れます、船賃は先行投資、と割り切りましょう。

そして、真鯛の釣果についてはまだまだこれからですね!これから水温が下がり始める冬に向けてタイラバのトップシーズンがやってくるでしょう。鯛の活造りと日本酒でキュッといわせたいもんです。

 

以上となります。最後までお読み下さり、ありがとうございました。

引き続きよろしくお願いします。【福岡の釣り場まとめ】