福岡の釣り場まとめ

主に都市部からアクセス良い場所を公開しています

野北漁港で冬のイカ釣り。邪道エギとスッテの夜釣りで満足のイカ15杯。

スポンサーリンク

f:id:tcy0529:20190224222711j:plain

冬の野北でイカ夜釣り。ササイカ夜釣りは満潮前後で棚が命。

野北漁港はアオリイカや青物で他を圧倒する漁港だが、冬のヤリイカ・ササイカについても素晴らしい釣果を提供してくれる。

 

いつもご覧頂きありがとうございます。

野北漁港でのササイカ釣行記と題し、皆様の一助になればと思い詳細をお届けします。不要な情報ですが、 私はメンバーの中で最も計画的な釣行に重きを置く細かい男です。

f:id:tcy0529:20190224222801j:plain

f:id:tcy0529:20190224222758j:plain

 

【時】

この日の満潮は0時ジャスト。満潮の2時間前に野北漁港に到着。時間にしてちょうど22時前後です。ササイカはアオリと違って朝夕マヅメなどよりも潮目が重要です。満潮前にスタートして潮止まりで小休憩、満潮後2時間釣りして午前2時には帰宅しようという計画で釣りに出かけます。

f:id:tcy0529:20190224223840j:plain

【場所】

場所は野北漁港の先頭付近のテトラポット前。ここが一番釣れます。青物なら手前ですね。

外波止は危険なので内側で釣り場物色。先端付近では、先客のエギンガーがちょうど帰っていくところ。「えっ、今からの満潮の前後2時間が一番釣れるのでは。。」と思いながら運よく釣り座を確保しスッテ(餌巻きテーラー)投入。 野北漁港先端までの道中、波止が墨だらけになっているので士気が上がります。

f:id:tcy0529:20190224225409j:plain

f:id:tcy0529:20190224225405j:plain

 

【棚】

底すれすれ。棚が合わないと全然釣れませんので、棚が釣果の全てだと思って棚を合わせて下さい。野北漁港の水深については過去記事の海底等高線をご参照ください。

www.tsuribamatome.com

 

【釣り方】

スッテと邪道エギを8:2ほどのブレンドで釣ります。邪道エギのエギングは置き竿で構いません。満潮前後の活性が高いイカは居食いしてくれるので巻き上げたら、あっ釣れている!という状態になりがちです。もはやエギングではないですね。。

スッテ(餌巻きテーラー)はササミよりもキビナゴの方がこの日はアタリが良かったですね。キビナゴだと調理の暇が無くて済むので私はキビナゴ派です。ササミは餌が長持ちすることが最たる利点です。

f:id:tcy0529:20190224225617j:plain

 

【釣果】 

22時過ぎから釣りを始め0時の満潮を迎え、潮止まり時に夜食。そして午前1時まで釣りをしてササイカ15杯の釣果でした。実質的には3時間弱の釣行なので満足いく結果です。まだ釣ればもっと釣れるかなあと思いつつも風がでてきたので、足早に1時に引き上げました。

振り返ってみて釣果のポイントは、時間帯と棚だと思います。棚が全く合ってなかったお隣さんは、私が入れ食いする中で全然釣れていませんでしたので棚を教えて差し上げると入れ食いしていました(笑)やはり棚は最重要。

 

f:id:tcy0529:20190224230442j:plain

f:id:tcy0529:20190224230446j:plain


また、夜中ですが駐車場は車でいっぱいです。

野北は本当に釣れるのでやはり人気の漁港ですね。 

 

以上となります。今日は野北漁港のササイカ夜釣り釣行記ということで短文ですが、皆様の一助になればと思い記しました。また、時には記事を寄稿せよと言われるもので急ぎシェアいたします。

最後までお読み下さりありがとうございました。引き続き宜しくお願いします。【福岡の釣り場まとめ】